中野区における保育求人の傾向

保育1

都心に近く、オフィスビルやタワーマンションなどが続々と誕生するなど、先進性に富んでいるのが中野区です。そんな同区では、保育求人が注目されています。「給料が安い」や「仕事がハード」などということを理由に、直ぐに退職してしまう人が多いのも、理由の一つです。

国や自治体と連携しながら、人材確保に努める保育施設の苦悩が垣間見えます。詳細について見てみましょう。

関連記事:神奈川で保育求人を探すときに知っておくと良いポイント

利便性の高さの一方で浮き彫りになる課題

中野区でも、保育士の不足の問題がクローズアップされています。

そのため、保育求人が盛んに行われていますが、その厳しい現状を打破することができないのが現状といえるのではないでしょうか。

そもそも、保育士の人材不足の問題をめぐっては、さまざまな理由が絡んでいることもあり、根本的な解決は難しいとされてきました。少子高齢化社会の到来や女性の社会進出など、一筋縄ではいかない問題や課題が山積していることも、決して無関係ではありません。

中野区は東京の特別区の一つとして有名であり、人口はおよそ34万人を誇ります。新宿からほど近いことはもとより、渋谷や池袋へのアクセスも良好なことから、若い世代を中心に人口流入が続いている地域の一つです。待機児童の問題は、国会の場でも度々のように取り上げられるほどの大きな課題といえるでしょう。

国や自治体が先頭に立って対峙しなくてはいけない喫緊の問題といっても決して言い過ぎではありません。子どもを作ろうとしない夫婦に理由を聞いてみると、経済的な理由を挙げるケースと同等に子どもを預ける保育施設が無いという声も多く聞かれます。

その傾向は中野区においても、例外ではなく一刻も早い対策が求められてきました。

人材確保に苦慮する保育施設

保育4

中野区では、国と連携を図りながら、待機児童ゼロに向けての取り組みを進めることで、その改善が見られるようになってきました。具体的には、民間のサービスが参入しやすいように、保育所の要件を緩和したり、助成金を支給したりすることです。

このような取り組みもあり、保育園や幼稚園、こども園などの保育施設の数が増えることになり、結果として待機児童の解消に向けた道筋がついたといえるでしょう。それまでのような公立がメインとなるのではなく、積極的に民間の力を借りることで、保育サービスの充実を図ろうとしています。

中野区では、待機児童解消という問題の解決が見られる一方で、新たな課題も生まれています。それが保育士不足の問題です。保育施設が増えても、そこで勤務する保育士がいなければ、元も子もありません。むろん、それぞれの保育園や幼稚園、こども園などでは保育求人に努めており、一定の成果をあげています。

しかしながら、まだまだ足りていないという現状を変えることができていないのが実態といえるのではないでしょうか。意気揚々と保育士として、保育施設に入職するものの、直ぐに辞めてしまうというケースも少なくありません。

食い止めたい!保育士の離職

保育士が直ぐに辞めてしまう理由としては、仕事のハードさや辛さに見合った給料がもらえないということが挙げられます。確かに、保育士の年収を見てみると、概ね同世代と比較して100万円程度低く抑えられているというケースが多くあります。

また、各家庭の大切な子どもを預かるため、ケガをさせてはいけないなどといった強いプレッシャーや重圧を抱えながらの仕事に嫌気がさしてしまうという人もいるでしょう。いわゆる、モンスターペアレントなどといった存在も、保育士にとってのストレスとなることは容易に想像できます。

国や自治体も、保育士不足の問題解消に向けての取り組みを進めています。中野区の保育施設でも、その大部分が国からの補助金や親御さんから支払われる保育料が運営資金となることを踏まえて、国は補助金の増額に努めてきました。

現に徐々にではありますが、経営状況に改善が見られる保育施設も増加しています。

多様化する働き方

「どのようにしたら、保育士を確保できるか」という点を重視した中野区の保育施設も増えています。あの手この手を使って保育求人を魅力あるものにしようという試みが始まっているのです。保育士になるのは、まだまだ女性が多いという傾向が高いといえるでしょう。

そのため、結婚や出産などといったライフイベントを契機に辞めてしまうケースが多くあります。このようなことも、保育士の人材不足の問題につながっているのかもしれません。ワークライフバランスや働き方改革、一億総活躍社会などの国家レベルでの取り組みも見られるなど、それぞれの人にマッチした働き方の模索が始まっています。

最近の保育求人では、多様な働き方を尊重するような動きも顕著です。正社員のみならず、派遣社員やアルバイト、パートなども積極的に保育の現場に取り込もうとする施設が目立ちます。保育士の資格は所持しているものの、子育てや介護の時間を確保したいとして、パートという雇用形態を選択する保育士も少なくありません。

また、「未経験者歓迎」や「長期ブランク可」などを謳い文句にする保育求人も散見されます。

認可外保育施設も選択肢に

中野区の保育求人を見てみると、保育園や幼稚園、こども園などの認可保育園が大部分を占める一方で、認可外保育施設のものも多く見られます。このことからも、中野区が保育サービスに注力していることがわかるでしょう。

何らかの理由で国や自治体のお墨付きを得ることができないものの、子どもを預かってくれる貴重な施設としての役割を担っているのが認可外保育施設です。具体的には「小規模保育事業」と「区立保育室」、「認証保育所」が挙げられます。

いずれも保育求人が行われており、働きたい人は要チェックです。小規模保育事業とは、主に0歳児から2歳児までの乳幼児を預かっており、概ね朝の7時頃から夕方の19時頃までという長い時間面倒をみてくれるのが特徴です。

定員数も多くても20名程度ですので、親御さんとしても安心して任せられるのではないでしょうか。現時点で中野区内には15箇所ほどあり、子育て世帯からの支持を得ています。区立保育室は2020年3月までと開設期間が決まっていますが、質の高い保育サービスが好評です。

現在中野区内に7箇所があり、保育ニーズに応えています。

認証保育所は、生まれて間もない0歳児を預かる保育所であり、駅のすぐ近くに位置しているのが特徴です。長時間にわたって子どもを面倒みてくれるため、共稼ぎ世帯には欠かせない存在となっています。